レシート類はどこまで保管しておくとお得になる?

>

レシートがポイントになる?

なぜレシートでポイントがたまるのか

レシートには様々な情報が詰まっています。
いつ、どこで、どんな商品をどれだけ購入したのか。
また、その情報が年間を通じたものになれば、同じ商品をどれだけの頻度で購入しているのかということも分かります。
それに加え、アプリに入力する際に年齢や性別の入力が付加されれば、商品を販売しているメーカーとしてはかなり重要性の高いものになります。

付加されるポイントは、その情報提供のお礼というわけなのです。
メーカー側としてはマーケティング戦略を練るうえでの情報ソースとして、消費者側としてはお買い物に行かせるポイントがたまり、アプリの運営側はマージンが得られるという仕組みが成り立つことで、数々のアプリが開発されているようです。

レシートがポイントになるアプリ

株式会社リサーチアンドイノベーションが運営する「CODE」は、レシートとそのレシートに記載されている商品のバーコードをスキャンすることでTAMARUポイントがたまるというお小遣いアプリです。
たまったポイントはWAONポイントやAmazonギフト券と交換ができるので、次のお買い物に生かすことができます。
家計簿アプリの機能もあるため、現在脅威の200万ダウンロード越えの人気アプリです。

また、TUTAYAなどレンタルDVDチェーンで有名なカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の運営する「レシーカ」は家計簿アプリですが、登録することでTポイントがたまるという嬉しいサービスが付いています。
Tポイントユーザーには嬉しいアプリです。


この記事をシェアする

このページのトップへ